もしかして、せっかく、高いお金を出して買った着物を、燃えるゴミで処分しようとしていませんか?

 

もしも、ご近所の小さな着物屋さんで買い取り不可!なんて言われても全く気にする必要はありません。

 

全国には、そんな古い着物でもお金を出して買い取りたい企業もあるんですよ。

 

 

今、日本の着物の需要は国内だけじゃなく、海外では特に人気が集まっているんです。

 

全国に展開する大きい専門店だからこそ、独自の販売ルートがあり、売れる方法を持っているから価値を付けれるという理由があるんです!

 

 

実際に、古い着物でも思わぬ買取価格が付いたケースだってあるんですよ。

 

 

もし、本当に売れるとしたら、タダで処分してしまうのは、あまりにももったいないですね。

 

つまり、専門の着物業者なら、色んな販促ルートを持っているため、高く買い取れるという理由があります。

 

要は、処分したい着物でも価値を付けてくれる店舗を見つければ良いだけですね。

 

 

『それで、どこが買い取ってくれるの?』

 

そこを見つけるためにあるサービスが、全国に展開している専門買取店での無料査定サービスです!

 

 

古い着物からシミや汚れの付いていても、帯や反物のみ一点だけでも査定はもちろん無料です。

 

 

処分する前にこそ積極的に利用すべきサービスなので、どこが一番高く売れるのか、ぜひ一度お試しください!

 

全国展開中の『着物の買取専門店』はこちら

 

 

着物を高く売るならバイセル

現在、査定お問い合わせ件数が月間20000件を超える今人気のある着物買取専門店です。

 

シミのある古い着物だけじゃなく、反物、帯だけでも1点から無料査定OK!

 

もちろん、金額が合わなければ返品対応も可能です!

 

 

バイセルはこちら

『着物宅配買取』専門店のヤマトク

着物を処分するのは、もったいない!買い取れるところもあるんです。 ヤマトクは創業28年、年間17000件以上の取引実績がある老舗の着物買取専門店です。

 

宅配買取のみでの対応ですが、梱包キットと送料や査定はもちろん無料です!

 

  • 反物
  • 小物
  • 草履からかんざし

に至るまで査定可能です!

 

ただし、振り袖は1枚から、その他の着物や帯は5点以上から査定受け付けとなっています。

 

ヤマトクはこちら

買取実績100万件以上の福ちゃん

着物を処分するのは、もったいない!買い取れるところもあるんです。 現在、初めて査定の方やおまとめ査定の方は、買取金額に10%UPキャンペーン実施中です!

 

福ちゃんでは、シミが付いている着物でも自社の専門店でクリーニングを行っているので、査定は大丈夫です!

 

買取対象は、

  • 着物
  • 小物

証紙があるとなおさらGOODです!

 

福ちゃんはこちら

 

金額に満足できない場合のお断りはもちろん可能です。

 

査定は全て無料なので、どこが高いのか?お調べするのにお役立て下さい!

 

 

着物の処分方法ってどんなのがあるの?

もし、売れずに困っている着物の処分方法は

 

  • 燃えるゴミとして出す。
  • 質屋やリサイクルショップで引き取ってもらう。
  • 1円オークションやフリマで出す。
  • 寄付団体に寄付する。
  • 細かく切って雑巾として使う。

 

燃えるごみとして出す

 

各自治体では、燃えるゴミとして着物は処分する事が可能ですが、もしかしたら焼却炉により処理方法が異なる場合もあるため、お尋ねください。
リサイクルとして使える着物なので、一番もったいない処分方法ですね。

 

質屋やリサイクルショップで引き取ってもらう。

 

リサイクルショップには、持って行った経験もありますが、数十円程度でしか見てくれません。
質屋も、着物査定の専門家が在住しているなんて店舗はほぼないと思いますので、同様の査定額と思われます。

 

1円オークションやフリマで出す。

 

本当に需要の無い着物だと、1円で始まり1円で終わります。この場合も、発送しなければいけないので以外に大変です。
フリマは、メルカリなどが代表的ですが、初めてだと一から勉強しなければいけないため、慣れている方以外にはお勧めできません。

 

寄付団体に寄付する。

以外に検索されている方が多いのが、寄付団体に寄付をするという事です。
劇団なら使う方も多いと思うんですが、ウェブ上では、検索しても募集している劇団はヒットしません。

 

その他、リサイクルという名目で寄付を募っている企業がありますが、実は、転売しているなんてこともウェブでは書かれているのでここではどこが良いのかは記載できません。

 

 

細かく切って雑巾として使う。

こちらも非常にもったいないですが、燃えるゴミとして処分するよりはいくらかましですね。
使いやすいサイズに切ってしまって、一度使ったら捨てるという方法なので効率的に掃除できるのが唯一のメリットです。

TOPへ